京都の嵐山エリアへ観光するなら、見逃せないスポット3選!

1.桂川に架かる嵐山の象徴といえば、渡月橋!

桂川左岸から中ノ島公園に架かる、全長155メートルの風情のある橋です。その歴史は古く、平安時代初期まで遡ります。木製の欄干が嵐山の風景に溶け込み、京都観光の名所の1つとして知られます。また嵐山でフォトジェニックなスポットを探しているのなら、桜が咲き誇る春のシーズンや、色鮮やかな紅葉シーズンに、ここを訪れるのがおすすめです。さらに夏には屋形船に乗って、桂川で行われる伝統の鵜飼漁を目の前で楽しめます。

2.嵐山を代表する臨済宗の名刹、天龍寺!

室町幕府の祖である足利尊氏が開基したとされ、歴代の足利将軍家や後醍醐天皇ゆかりの由緒あるお寺として有名です。境内には、初代住職で数々の名園を設計した、夢窓疎石による池泉回遊式庭園が広がります。また寺内最古の建物である「勅使門」をはじめ、本尊釈迦三尊像を安置する「法堂」。さらには後醍醐天皇の木像を安置する「多宝殿」などがあり、京都観光にふさわしい歴史的なスポットと言えます。なお庭園は国の特別名勝・史跡に指定されている他、それ以外の建造物も重要文化財などに指定されています。

3.知る人ぞ知る嵐山の名所、竹林の道!

前述した天龍寺の北門を出て、大河内山荘へ向かうと、静寂に包まれた深い竹林が現れます。手作りの竹製の柵が続く小道を歩いてゆくと、両側から青々とした竹が、まるでトンネルのように群生し、幻想的な雰囲気を味わえます。夏場は涼しい風が竹林を吹き抜けるので、避暑地を巡る旅行をするなら、最適なスポットと言えるかもしれません。なお嵐山駅からは、わずか徒歩5分ほどでアクセスできます。

ヤートラルートを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です