海外旅行で便利なオフラインマップのアプリ

wifiが使えないところでも道に迷わない

海外旅行に行った時にはローミングするととてもお金がかかるので、スマホのwifi以外の通信機能はoffにしている方も多いのではないでしょうか。ポケットwifiを持って行けばいいですが、無い場合には街のカフェやレストランに行かねばならず、通信できる場所がとても限られてしまいます。そんな時に、とても便利なのがオフラインマップ。つまり、通信環境が無い場所でも地図が表示されて自分の位置がわかります。

ナビゲーション機能も使える

通信機能がない場合、スマホのGPS機能だけでは位置精度が落ちてしまいますが、それでも自分のおおよその位置が地図上に表示されるだけでずいぶん助かります。さらに目的の観光地などの場所をセットすれば、そこまでの道順を案内してくれることはオンラインマップと同じです。ただし、注意しておきたいのはオフラインマップは事前にwifiのある場所で目的地の地図をダウンロードしておく必要があることと、アプリの種類によっては、施設やレストランなどの情報がオンラインマップよりもずっと少ない場合があります。

自分の行動記録にもなります

事前準備が必要なことや、オンラインマップに慣れた人には機能が不十分な面もありますが、ずっと同じオフラインマップを使い続けることによるメリットもあります。例えば、自分が旅行した場所に小まめにマークをつけていってはどうでしょう。世界地図に自分の足跡を残した場所が増えていくのを眺めるのは気分がいいものです。それ以外にも、わかりにくい場所に行った時には、次に来る時に迷わないようにマークしておくといった実用的な使い方もあります。

いくつかのオフラインマップのアプリがありますので、よく機能を確かめて長く使い続ければ旅の強い味方になってくれると思います。

ヤートラルートを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です